トップページ  犯行手口  加害組織 被害対策 関連事件簿

特集記事  更新情報 リンク集  問い合わせ  サイトマップ

「集団ストーカー」犯行組織の正体

「集団ストーカー」の嫌がらせ・監視行為に、何故か不特定多数の近隣住民までもが協力している!?…そんな証言が、多くの被害者から寄せられています。時には未成年の学生や、幼い子供のグループまで加担して、被害者宅の周りで大迷惑な悪ふざけをしたり、人をおちょくった態度で(被害者の個人情報を仄めかしたりしながら)罵詈雑言を喚いたりします。こうした加担者らの素性をよく調べてみると、ある共通点が発見できます。それは“特定カルト宗教に入信している家庭”の者だという事。特に多いのはイニシャル「S」が付くカルト宗教の信者です。インターネットの検索サイトで、教団名に「集団ストーカー」と付け加えて検索してみると、この「カルトS会」と「集団ストーカー」犯罪とを結び付ける情報が膨大な量、発見出来ます。「カルトS会」は昔から教団脱会者や敵対者、入信勧誘を拒んだ者などに対して、組織ぐるみの悪質な嫌がらせや、しつこい付き纏い行為をする危険団体として有名でした。近年インターネットの普及と共に、こうした教団の悪事が「集団ストーカー」という呼び名で表沙汰になってきた訳です。詳しくは、下記リンク先の参考記事サイト、または動画を御覧下さい。

※参考記事:Forum21「宗教団体の名が泣く脱会者いびりの惨状」
http://www.forum21.jp/contents/contents3.html

※参考記事:週刊誌に掲載された“カルト宗教S会による組織的な嫌がらせストーカー犯罪”記事(1)
https://blogs.yahoo.co.jp/batou0010/20962973.html

※参考記事:週刊誌に掲載された“カルト宗教S会による組織的な嫌がらせストーカー犯罪”記事(2)
http://hironori0915.blog.shinobi.jp/

※参考記事:“仏敵”と罵倒…カルトS会「安保反対サイト」に陰湿な嫌がらせ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162899

※参考記事:第126回・国会予算委員会・第三分科会…「カルトS会」の組織的嫌がらせに関する質疑記録
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/600.html

※参考動画:保守系YouTubeニュース「某カルト団体は北朝鮮宗教!?」

「カルトS会」の信者を見分ける手掛かりは結構沢山あります。例えば、「S教新聞」という教団機関紙を定期購読していたり、教団配下の政治団体「K政党」のポスターを軒先に貼り出していたり、教団シンボルカラー(青・黄・赤)の三色旗を飾っていたりします。他にも「題目」と呼ばれる経文(南無妙法蓮華経)を熱心に唱えていたり、「御本尊」と呼ばれる独特な墨文字が書かれた御札を祀った仏壇が家に置いてあったり、地域の宗教関連施設に出入りしていたり、選挙シーズンになると必ず「K党に投票して欲しい」などと依頼しに来たり…とにかく、そんな経緯で「カルトS会」信者だと発覚した者達が、また日頃から地域で「集団ストーカー」犯罪に加担している統計も“異常に一致する”訳です。

悪徳カルト宗教「S会」が世間から忌み嫌われている理由は、信者の犯罪率が異常に高いところです。社会を震撼させた「池田小児童連続殺傷事件」や「尼崎連続変死事件」などを筆頭に、日本で過去に発生した凶悪殺人事件の容疑者の大半が、実は「カルトS会」信者ばかりでした。末端信者から幹部、なんと教祖に至るまで、過去に犯罪事件を起こして逮捕歴がある者達ばかりなのです!この教団は古くから裏でヤクザ組織とも深い繋がりを持っていて、敵対宗教や政治家、著名人などを襲撃したり、酷いケースでは自殺に見せ掛けて殺害などもしてきました。「元東村山市議・朝木明代さん謀殺事件」や「元タレント・清水由貴子さん変死事件」、「映画監督・伊丹十三さん自殺事件」など、その最たるものです。正に“宗教の皮を被ったマフィア犯罪組織”ですよね。

※参考記事:世間を震撼させた「カルトS会」所属の凶悪犯罪者リスト!!
https://ameblo.jp/hokoritakakinihonjin/entry-11508890862.html

※参考記事:「カルトS会」信者・幹部が行った主な犯罪事件リスト(詳細版)
https://ameblo.jp/worldwordpress/entry-12054380747.html

※参考記事:【大阪・池田小児童連続殺傷事件】宅間守死刑囚の背後に潜む、巨大カルト宗教の黒い影
http://19730619.at.webry.info/201605/article_18.html

※参考記事:【尼崎市連続殺人事件】角田美代子容疑者と特定カルト宗教団体との関係について
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-5da6.html

※参考記事:【九州リサイクルショップ連続殺人事件】容疑者の店に三色旗、実家にはK党ポスター!!
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/48137329.html

※参考記事:【神戸5人殺傷事件】祖父母など5人を凶器で襲い逮捕の容疑者、自宅にはK党ポスター…カルトS会信者!?
http://anchikaluto.blog.jp/archives/52069704.html

※参考記事:【神戸女児バラバラ殺人事件】容疑者が逮捕前に吹聴「バックがS会、怖いもん無い」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5598.html

※参考記事:【小金井アイドル刺傷事件】逮捕された犯人は「カルトS会」信者だった!?
http://xn--3-eb1bm8e1t7b.seesaa.net/article/438245578.html

※参考動画:【浅草・女子大生通り魔殺人事件】犯人のレッサーパンダ帽男はカルトS会信者!?

「カルトS会」は「総体革命」という教義を掲げていて、政界・官僚・司法・行政・経済界・マスコミ・芸能界に至るまで、それらの重要ポストを全て信者達で乗っ取らせる計画を推し進めています。政府を始め、警察や裁判所、マスコミ、地域の役所から自治会、防犯パトロール団体まで全て信者に牛耳られた場合、一体どんな世の中になるでしょうか?当然、社会全体が教団の利益のみに機能する様になります。つまり教団に組する者ばかりが優先的に社会保障を享受し、逆に部外者は冷遇される社会と化してしまう訳です。政府連立与党の一翼を担っている「K党」の支持母体は、一体何処の組織だかご存知ですか?そう、言わずと知れた「カルト宗教S会」ですよ!「K党」はほぼ100%、「カルトS会」信者の政治家ばかりで構成されたカルト政党なのです!だから日本の国益よりも、教団利益を優先した政策しか実施しません。そんな気違いカルト政党が政府与党として政治運営に関わっている事実に危機感を覚えませんか?現実問題として、「カルトS会」勢力による「総体革命」テロは現在、かなり危険な水準まで侵攻しています。その顕著な例として、「カルトS会」関係者の犯罪行為は(余程の重大事件でない限りは)裁かれず、揉み消されてしまうという事実があります。政治家は圧力を行使し、裁判所は不当判決を出し、警察は捜査せず、マスコミも報道しない…そうやって「集団ストーカー」犯罪は野放しにされている訳です。

では、「長い物には巻かれろ」という諺に倣って、「カルトS会」勢力に従えば良いのか?…いいえ、違います。末端信者がどういう生活をしているかご存知ですか?確かに彼らは教団の口利きで、生活保護や公営住宅の入居権を優先的に受けられたりします。ところが、収入の大半を財務(御布施)として教団上層部にピン撥ねされ、しかも教団運営や「K党」選挙支援などの為に毎日タダ働きでコキ使われる生活を強要されます。時には、「集団ストーカー」など教団犯罪の末端実行犯役を引き受けろと命じられたりもします。もし教団命令に逆らえば、今度はその者が「集団ストーカー」犯罪のターゲットにされるという仕組みです。幹部命令に背いた信者は下手に内部関係者である分、よりえげつない嫌がらせ・ストーカー加害を受ける事になります。末端信者はそうやって“僅かな飴”と“強大な鞭”で飼い殺しにされる…正に奴隷・家畜そのものの不幸な生活です。「総体革命」テロがより一層エスカレートして、そんなカルト奴隷ばかりの世の中となったら、日本は一体どんな国になってしまうでしょうか?現在の北朝鮮みたいな“狂気の独裁テロ犯罪国家”と化すのは目に見えて明らかでしょう!?だからこそ、悪徳カルト宗教「S会」の「集団ストーカー」犯罪、「総体革命」テロは断固として今、叩き潰さなければならないのです!!

※参考記事:国民が知らない反日の実態…悪徳カルト宗教「S会」とは
https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/44.html#id_849b59f3

※参考記事:最早、マフィア!?司法に断罪された「カルトS会」の黒過ぎる裏の顔!!
https://matome.naver.jp/odai/2146087954525691701

※参考記事:悪徳カルト宗教「S会」の闇…数々の重大事件との関係性
https://matome.naver.jp/odai/2150590971465508401

※参考記事:警察が凶悪事件を捜査出来ない本当の理由…「カルトS会」の“総体革命”について
http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/586.html

※参考記事:池上彰が「カルトS会」と「K党」の関係に鋭くツッコミ!!…「選挙応援は宗教の功徳を積む事になるの?」
https://rocketnews24.com/2013/07/22/352691/

※参考動画:【政教分離問題】「カルトS会」と「K党」は、憲法違反の政教一致関係?

幸いな事に、「カルトS会」の支柱であった教祖は2011年に脳腫瘍を患って病床に倒れ、それから程無くして死亡したそうです。事実、この教祖は入院報道が流れた時期を境に、もう何年間も世間に一切姿を見せていません。入院前までは毎年必ず出席していた教団行事にさえ、全く姿を現さないのです。出演は、過去に撮ったVTR映像のみ。例え病体であろうと、もし生存しているなら実物の姿を見せる事ぐらい出来るはずですよね。教団運営部は未だに「脳梗塞で一時入院したものの、現在は快復して執筆活動に専念されている。」などと見え透いた大嘘発言を繰り返していますが、状況証拠から見ても、教祖が既に病死している事は間違いありません。ちなみに死因は“脳梗塞”ではなく、“末期の脳腫瘍”だったそうです。教団では「悪党が罹る病気」だと教義で説いていた“脳腫瘍”に、教祖自身が罹って死ぬとは何とも皮肉な結末ですよね。この曲がりなりにも法治国家である日本で、病死した教祖の死体を何年間も秘匿遺棄したまま、さも生きているかの様にデマ発表を繰り返している教団幹部達…一体、何処の独裁テロ国家の情報統制でしょうか?これは有力な後継者を擁立出来ず、教団内部で幹部達が延々と跡目争いを続けている為だと言われています。いずれ近い将来、跡目争いに決着が付かず、教団上層部で激しい派閥抗争が勃発し、「カルトS会」は跡形も無く崩壊する日が来るでしょう。「集団ストーカー」犯罪に嫌々協力させられている末端信者の皆さん、もしこの犯罪が世間の明るみになった場合、教団幹部は最終的に貴方達、実行犯に全ての罪を被せて逃走するつもりですよ?我々被害者団体は社会周知活動を強力に推進し、近い将来、この犯罪を世間の明るみに引き摺り出します。そして犯行加担者を裁きの場に引き摺り出します。どんな手段を講じてでも、必ずそう仕向けます。愚かなストーカー犯罪行為を今すぐ止めて、教団犯罪の証拠を内部告発し、悪徳カルト宗教「S会」から早く脱会しなさい。信仰に励むなら、他のもっとマシな宗教団体がいくらでもあるでしょう。このまま悪徳カルト宗教「S会」に留まるのは、地獄へ堕ちる道なのですよ?

※参考記事:死んだ「カルトS会」教祖はミイラにされ、教団本部に安置されている!?
http://blog.goo.ne.jp/izuookawa/e/26997837f7087f6d8835877172baca6d

※参考記事:怖くてなかなか辞められない信者向け…悪徳カルト宗教「S会」の簡単脱会方法
http://park5.wakwak.com/~soka/dakkai.htm

「カルトS会」以外にも、「T教会」や「E証人(M塔)」などのキリスト教系カルト、「カルトS会」と敵対関係にある「K会」などの仏教系カルト、左翼系政治団体なども、「集団ストーカー」犯罪に加担していると噂されています。これらの組織をよくよく調べてみると、「在日朝鮮人」や「反日左翼思想」などの共通点で繋がっている事実が分かります。実は「S会」や「T教会」は“教祖・幹部の多くが在日朝鮮人”なのです。一部のキリスト教会にも、在日朝鮮人が教団運営者として多数潜入しているという話をよく聞きます。(ちなみに暴力団も、幹部の7割が在日朝鮮人だという噂です。)在日朝鮮人、左翼系政治団体は総じて“中国・北朝鮮・韓国親派の反日主義者”ばかりです。彼らは第二次世界大戦時における旧日本帝國軍の有りもしない戦争犯罪を捏造し、今でも日本人を根深く逆恨みして、日本国内で様々な抗日スパイ活動・国家転覆破壊工作を行っているのです。「集団ストーカー」犯罪の背景を正しく知る上で、先ずこの「在日特定アジア系外国人(特ア)」、「反日主義者」という基本キーワードは必ず押さえておいて下さい!さもないと加害組織が流した偽情報に踊らされ、ミスリードさせられる結果に繋がります。(さらに、この「反日勢力」を裏で操っている“真の黒幕”!?…なんてものも、実は存在するのですが。話が非常に難解で、相当な情報強者しか付いて来られない内容なので、詳細は下記の別章にて記述したいと思います。)

※総力特集:「集団ストーカー」犯罪組織の背後に潜む“真の黒幕”とは!?
http://gscbusters.web.fc2.com/gscb_hp_page05_tokusyuu11.html

PAGE TOP inserted by FC2 system