トップページ  犯行手口  加害組織 被害対策 関連事件簿

特集記事  更新情報 リンク集  問い合わせ  サイトマップ

「集団ストーカー」犯行組織の正体

「集団ストーカー」の嫌がらせ・監視行為に、何故か不特定多数の近隣住民までもが協力している!?…そんな証言が、多くの被害者から寄せられています。時には未成年の学生や、幼い子供のグループまで加担して、被害者宅の周りで大迷惑な悪ふざけをしたり、人をおちょくった態度で(被害者の個人情報を仄めかしたりしながら)罵詈雑言を喚いたりします。こうした加担者らの素性をよく調べてみると、ある共通点が発見できます。それは“特定カルト宗教に入信している家庭”の者だという事。特に多いのはイニシャル「S」が付くカルト宗教の信者です。インターネットの検索サイトで、教団名に「集団ストーカー」と付け加えて検索してみると、このカルトS会と集団ストーカー犯罪とを結び付ける情報が膨大な数、見付かります。カルトS会は昔から教団脱会者や敵対者、入信勧誘を拒んだ者などに対して、組織ぐるみの悪質な嫌がらせや、しつこい付き纏い行為をする危険団体として有名でした。近年インターネットの普及と共に、こうした教団の悪事が「集団ストーカー」という呼び名で表沙汰になってきた訳です。詳しくは、下記リンク先のWebサイト、または動画を御覧下さい。

※参考記事:Forum21「宗教団体の名が泣く脱会者いびりの惨状」
http://www.forum21.jp/contents/contents3.html

※参考動画:保守系YouTubeニュース「某カルト団体は北朝鮮宗教!?」

カルトS会の信者を見分ける手掛かりは結構沢山あります。例えば、「S教新聞」という教団機関紙を定期購読していたり、教団配下の政治団体「K政党」のポスターを軒先に貼り出していたり、教団シンボルカラー(青・黄・赤)の三色旗を飾っていたりします。他にも「題目」と呼ばれる経文(南無妙法蓮華経)を熱心に唱えていたり、「御本尊」と呼ばれる独特な墨字が書かれた御札を祀った仏壇を家に置いていたり、地域の宗教関連施設に出入りしていたり、選挙シーズンになると必ず「K党に投票して欲しい」などと依頼しに来たり…とにかく、そんな経緯でカルトS会信者だと発覚した者達が、また日頃から地域で「集団ストーカー」犯罪に加担している率も“異常に高い”のです。

その他にも「T教会」や「E証人(M塔)」などのキリスト教系カルト、カルトS会と敵対関係にある「K会」などの仏教系カルト、左翼系政治団体なども「集団ストーカー」犯罪に加担しているという噂があります。これらの組織をよくよく調べてみると「在日朝鮮人」、「反日左翼思想」などの共通点で繋がっている事実が分かります。「S会」や「T教会」は“教祖・幹部の多くが在日朝鮮人”です。一部のキリスト教会にも在日朝鮮人が教団運営者として多く潜り込んでいるという話をよく聞きます。(ちなみに暴力団も幹部の7割が在日朝鮮人だと噂されています。)在日朝鮮人、左翼系政治団体は総じて“中国・北朝鮮・韓国親派の反日主義者”ばかりです。彼らは第二次世界大戦時における旧日本帝國軍の有りもしない戦争犯罪を捏造して、今でも日本人を根深く逆恨みし、日本国内で様々な抗日スパイ活動・国家転覆破壊工作などを行っているのです。集団ストーカー犯罪の背景を正しく知る上で、先ずこの「在日特定アジア系外国人(特ア)」、「反日主義者」という基本キーワードを必ず押さえておいて下さい。さもないと加害組織が流した偽情報に踊らされ、ミスリードさせられる結果に繋がります。(さらに、この反日勢力を裏で操っている“真の黒幕”の存在!?…なんてものも実はあるのですが、話が非常にややこしくなるので、詳細は下記の別章にて解説したいと思います。)

※総力特集:「集団ストーカー」犯罪組織の背後に潜む“真の黒幕”とは!?
http://gscbusters.web.fc2.com/gscb_hp_page05_tokusyuu11.html

PAGE TOP inserted by FC2 system