トップページ  犯行手口  加害組織 被害対策 関連事件簿

特集記事  更新情報 リンク集  問い合わせ  サイトマップ

「集団ストーカー」関連の特集記事

特集記事パート05:「集団ストーカー」犯罪と“探偵業者・興信所”との関連性

最近では「集団ストーカー問題を解決します」なんて謳い文句を宣伝している探偵業者も増えて来ているみたいですね。集スト被害者の中には藁にも縋る思いで、こうした探偵業者を頼ってみた方も結構いる様です。大抵の場合、その調査結果は「貴方の自宅内を徹底的に調査してみましたが、無線電波式の盗聴器・盗撮カメラなどの類は一切発見できませんでした。また、ストーカー犯人と思しき不審者なども近所で発見されませんでした。」と言われるのがオチだそうです。酷い場合だと、さらにその後で「貴方が集団ストーカー被害だと思い込んでいる現象は全て精神病の被害妄想、幻覚・幻聴です。精神科の受診をお勧めします。」なんて失礼極まりない侮辱的な台詞を言われた被害者さんまでいると言います。その上で、数十万円~百万円以上もの非常に高額な調査料をふんだくられる始末。別の探偵業者にも何社か調査依頼してみたけど、何処の業者も全て結果は同じだった…なんて話もよく聞きます。集スト被害が始まると、どういう訳か自宅の郵便受けに探偵業者・何でも屋(ストーカー被害調査も引き受けますなどと謳っている)の案内チラシが入り込む機会が増えるそうです。集スト加害組織として悪名高いカルトS会信者の家や経営店にも、K党ポスターと並んで探偵業者の宣伝ポスターがよく貼ってあったりします。一部の悪徳探偵業者・興信所が「復讐代行業」、「別れさせ屋」などと称してストーカー犯罪を請け負っている、集スト犯罪にも加担している、なんて話も被害者界隈では周知の事実です。集スト被害に遭わせておいて、それを助けるふりをして多額の調査費をボッタくる、そんな悪徳探偵業者のマッチポンプ詐欺ビジネスに引っ掛からない様に気を付けましょう!

※参考記事:「復讐屋逮捕される!!」全国初事例…どんな復讐したんだろう?
https://matome.naver.jp/odai/2138253708735496101

※参考記事:復讐代行サイトに“自分自身への復讐”を依頼してみた
http://numemob.web.fc2.com/140404.html

実は無線電波式の盗聴器・盗撮カメラなんて古い技術なんです。今時、わざわざ被害者の家に不法侵入するリスクを冒してまで、そういった機器を仕掛けるストーカー犯なんて余程の馬鹿しかいないでしょう。被害者の家が戸締りもせずに生活しているような環境か、玄関ドアの鍵を盗まれでもしない限り、そうそう、そんな代物を仕掛けられるはずが無いからです。隣家が集スト加害組織の手先だった場合、もっとノーリスクで簡単に盗聴できる方法もあります。「コンクリートマイク」と呼ばれる集音機の一種を使うのです。このマイクを被害者宅の壁に密着させれば、室内の会話や音が全て丸聞こえになります。マンションなどの集合住宅だったら、この方法での盗聴はより簡単に実行可能です。勿論、探偵業者はこうした事実を知っていて、あえて依頼主には教えません。自分達も調査活動にこうした機器を使っていますから、世間にバレると色々面倒なのです。その他にも、噂によるともっと高度なハイテク技術を悪用した盗聴・盗撮方法が色々あると言います。ターゲットが使用している携帯電話・スマホ・タブレット・PCなどにコンピュータウイルス入りメールを送り付けて、スパイウェアに感染させる。そうすると、それらの機器が盗聴・盗撮機に早変わり!マイクごしに電話通話から生活音まで全ての音が盗聴出来ますし、カメラが現在映している景色も覗き見る事が出来ます。なんとGPS追跡機能を悪用して、ターゲットの現在位置まで調べられるそうです!被害者の皆さん、日頃から愛用の電子機器がウイルス感染していないか、怪しいソフトがインストールされていないか、用心深くチェックする様に心掛けましょう。それらの機器を使用しない時はライブカメラのレンズ部分を布などで覆い隠しておく、盗聴されても実害が無い様に身辺から離れた場所に置いておく、バッテリー電池パックを外しておくなど、簡単な対策を講じるだけでも随分違います。こうした電子機器のマイク部分を、何か継続的に騒音を出す物(冷蔵庫のコンプレッサー、水槽用の酸素ポンプなど)と接触させておくのも有効な盗聴防止策の一つです。コンクリートマイクもそうですが、こうした騒音源と接触させると盗聴音声が聞き取り難くなり、ほとんど使い物にならなくなります。

※参考記事:携帯電話・スマホを遠隔操作で“盗聴器”に―最新式盗聴手段「ロービングバグ」
https://www.tcnic.net/2006/12/post_160/

※参考記事:盗聴・監視システム販売企業を検索可能なサイト「The Spy files」
http://gigazine.net/news/20111210-the-spy-files/

※参考記事:メールアドレスしか分からない相手のPCを遠隔支配できる「FinFly WEB」
http://gigazine.net/news/20111211-finfly-web/

※参考記事:アンチウイルスソフトに検知されずあらゆる行動を記録する「FinSpy」
http://gigazine.net/news/20111210-finspy/

※参考動画:「テクノロジー犯罪Xガスライティング」

※参考動画:「テンペスト」―壁の向こうからPC画面を盗み見出来る電磁波盗撮機

一部の悪徳探偵業者・興信所が「集団ストーカー」犯罪に加担している、という噂は本当なのでしょうか?あの未解決凶悪事件として有名な「世田谷一家殺人事件」も、実は「集団ストーカー」絡みの事件でした。そして、事件の発端に探偵業者が大きく関与していたと言われています。事件発生の半年前、埼玉県内のある探偵業者に「アオキノブオ」と名乗る謎の人物から、「被害者一家について詳細な個人情報を知らべて欲しい」という依頼が入ったそうです。その依頼主に探偵業者が調査結果を渡した直後から、被害者一家の周辺で様々な不審なトラブルが起こり始めました。被害者宅の前に毎日不審な車がやって来て、長時間じっと停車したまま一家の様子を見張っていたり、暴走族が毎晩押し掛けて来て悪質な嫌がらせ行為を繰り返したり、不特定多数の不審者らが被害者宅周辺をうろつく様になったり、時には被害者一家の御主人が不審人物と口論している姿まで近隣住民によって目撃されていました。そんな集スト被害が続いた末、あの「世田谷一家殺人事件」の惨劇が起きたのです。探偵業者が事件に何処まで深く関わっていたのかまでは分かりませんが、最初の引き金として大きく関与していたのは事実だと言って良いでしょう。ある集スト被害者さんの証言によると、探偵業者が末端実行犯らに加害工作の遣り方をレクチャーしている様子を録音した証拠音声を持っているそうです。先述の通り、一部の悪徳探偵業者は闇ビジネス型ストーカー犯罪「復讐代行業」や、企業内のリストラ目的ストーカー犯罪「モビング」なども請け負っているという話です。探偵業者に依頼して集スト被害が無くなった、重大証拠が掴めた、という話は一件も聞いた事がありません。安易に探偵業者に頼ってお金を落としたりせず、地道に自分で証拠集めをする、または信頼できる被害者仲間を見付けて証拠集めに協力してもらった方が、よっぽど建設的でしょう。

※参考記事:「世田谷一家殺人事件」と「集団ストーカー」の類似点
http://daily2.sakura.ne.jp/69.html

PAGE TOP inserted by FC2 system