トップページ 犯行手口 加害組織 被害対策 関連事件簿

特集記事 更新情報 リンク集 問い合わせ サイトマップ

事件ファイル05:「柴又・上智女子大生殺人事件」

1996年9月9日午後4時半頃、東京都葛飾区柴又3丁目の住民から「隣家が火事です!」という通報があった。燃えていたのはモルタル2階建ての一戸建て住宅で、会社員・小林賢二さん宅。火は午後6時頃に消し止められたが、小林さん宅は全焼、両隣の家の壁も焼いた。鎮火後、消防隊が現場調査に入ったところ、2階の6畳間から小林さんの次女・順子さん(当時21歳)の遺体が発見された。順子さんの遺体はシャツに短パン姿で横向きに寝かされ、上半身には布団が巻き付けられていた。さらに口と両手には粘着テープが巻かれ、足はストッキングで縛られていた。顔や右首など計6ヶ所に、刃物による刺し傷もあった。警察は殺人放火事件と断定し、捜査を開始した。司法解剖によると、順子さんの死因は首を刺された事による失血死。肺から煤などが検出されなかった為、殺害後、証拠隠滅目的で放火されたものだと分かった。尚、現場から凶器の刃物は見付かっていない。小林さん一家は両親と娘2人の計4人家族。順子さんは上智大学・外国語学部・英語学科の4年生だった。学校での成績は優秀で、同年9月からアメリカのシアトル大学に留学する矢先に、この不幸が起きた。事件当日、父親は福島に出張中で、長女も中央区内の病院に勤務中だった。「行ってきます。」午後3時50分頃、母親が美容院のパートに出掛ける際、順子さんにそう声を掛けた。それに対し、順子さんは「雨が降っているけど、自転車で行くの?」と心配して問い掛けた。…これが、親子の最後の会話となった。母親は家に娘がいるので、玄関ドアに鍵を掛けないまま出勤した。小林さん宅の火事を発見した近隣住民によって119番通報が入れられたのは4時39分頃。つまり、順子さんは僅か50分程の間に殺害され、自宅に火を付けられた事になる。近所住民が4時15分頃に小林家の前を通ったが、その時はまだ火の気は無かったという。火元は1階の和室の押し入れと、別の部屋に置いてあったパソコンだった。玄関付近には放火に使った物らしきマッチ箱が残されており、その箱の内側には被害者や家族のものとは全く異なるDNA型の血痕が残されていた。恐らく犯人は犯行時に順子さんの抵抗に遭い、身体の何所かを負傷したものだと思われる。

事件前後、柴又3丁目付近では「集団ストーカー」犯罪との関連性を臭わせる様な“不特定多数の不審人物ら”が、地域住民によって目撃されていた。亀有署捜査本部が発表した犯人情報によると、容疑者は年齢30代後半ぐらい、身長160cm程度のひ弱なサラリーマン風の男だったという。当日の服装は黄土色のレインコートに、黒っぽいズボン姿。この男は事件発生の僅か45分前、雨が降る中で外で傘もささずに小林家の前に突っ立ち、表札をじっと見つめていたという。この男と同一人物かどうかは不明だが、午後4時半頃には、手に白い手袋を付けた20~30代ぐらいの男が、小林さん宅近くから柴又駅方面に向かって走り去って行く姿も、地域住民によって目撃されていた。この男は雨が降っていたにも拘らず、傘もささずにビショ濡れの状態だったらしい。8月の蒸し暑い時期なのに、手袋を付けているのも異常に不自然で目立っていたという。また、午後4時頃には、黒い傘をさしてショルダーバッグを持った怪しい中年男が、小林さん宅近くで用も無く突っ立っている姿が目的されていた。よく特徴の似た男が、その日の朝、隣駅の京成高砂駅近くで、通りすがりの主婦に「柴又3丁目」への行き方について尋ねていたという。さらに、その人物とは別の50~60代ぐらいの不審な中年男が、やはり事件発生時に小林さん宅前に居たという目撃情報もあった。事件発生の数日前には、20代後半ぐらいの男が手にライターを持って、現場付近をうろついてる不審な姿も目撃されていた。男は大声で叫んだり、軍歌を歌ったりした後、自転車に乗って走り去って行ったという。事件3日前の正午には、40歳ぐらいの男が小林家周辺の近隣住民宅を訪ねて回り、その内の何軒かに強引に入り込もうとして家人に追い出されるなどといった不審者騒動も起きていた。その男も、やはり手にライターを持ってカチャカチャいじっていたという。この様に、本事件では特徴も年齢層も異なる複数の不審な男達が多数目撃されている。しかも「集団ストーカー」の嫌がらせ手口とよく似た、奇怪な行動をしていた者が多い。現場周辺で手にライターを持った不審者が何人も目撃された直後、放火殺人事件が起きたというのは、果たしてただの偶然の一致なのだろうか…?

実は、被害者の順子さんは事件発生の10日程前から“ストーカー被害”に悩まされていた。当時、9月11日からアメリカに留学する予定を控えていた順子さんは、大学の友人やアルバイト仲間らが開いてくれた送別会に度々参加する機会が増えていた。問題の日の晩も、順子さんは送別会に招かれて、帰宅が深夜遅い時間帯になっていた。家族がなかなか帰って来ない順子さんを心配していると、午前0時頃に彼女から電話が掛って来た。順子さんは脅えた様子で「変な男が後ろを付けて来て、道を曲がっても、次にまた曲がっても付いて来た。だから怖くて駅まで戻った。」と訴えた。この電話は、最寄りの京成電鉄・柴又駅の公衆電話から掛けたものだった。母親は心配して、すぐに自転車で順子さんを迎えに行った。その後、母娘は無事に駅で落ち合い、自転車に二人乗りして帰路へ着いた。その間、不審な男の姿は無く、「変な人はいなくなったね」と2人で話したという。それから9月に入った、ある日、順子さんは歯科医に行った帰りに「もし私の身に何かあっても、歯の治療痕で分かるね」と家族に話すなど、命の危険を感じている様子もあったという。また、順子さんが当時「サマーティーチングプログラム(STP)」という、夏休みに地方の中学生などに英語を教えるサークルに所属していた事が、マスコミ取材で明らかとなっている。一部の大学サークルは、カルト宗教団体の青年部などが勧誘活動の隠れ蓑にしているケースが多い。これは多くの新興宗教団体が使う手口であり、カルト宗教S会やオウム真理教なども「ボランティア」や「ヨガ」といった看板を掲げたサークルを各大学に作り、新規信者を集めて来た。「オウム真理教テロ事件」の際は、公安警察も大学のサークルを徹底マークして捜査していたという。順子さん自身にはそういう意識は無かったかも知れないが、知らず知らずの内にカルト宗教団体に目を付けられて「集団ストーカー」被害に遭っていたのではないか?奇しくも日本の警察が捜査用語として公式に「ストーカー」という文言を使ったのは、この事件が史上初だった。犯人は現在もまだ捕まっておらず、この事件は迷宮化している。警察が大学など順子さんの交友関係を徹底的に洗ったにも拘らず、犯人特定に至らなかった原因は、事件の背後に“強い権力圧力を持ったカルト宗教団体”が潜んでいたからではないのか?

※参考記事:柴又・上智大生殺人事件まとめ
http://yabusaka.moo.jp/jouchi.htm

※参考記事:[詳細まとめ]柴又上智大生刺殺放火事件
http://www.maroon.dti.ne.jp/knight999/sibamata.htm

※参考記事:【未解決事件】「柴又女子大生放火殺人」19年目のミステリー
http://dailynewsonline.jp/article/963218/?page=all

※参考資料:葛飾区女子大生殺人放火事件の容疑者特定!?
http://since1970.exblog.jp/10529124/

PAGE TOP inserted by FC2 system