トップページ  犯行手口  加害組織 被害対策 関連事件簿

特集記事  更新情報 リンク集  問い合わせ  サイトマップ

まず始めに…「集団ストーカー」とは一体何か!?

犯罪者が特定個人に対して付き纏い・監視・嫌がらせなどの迷惑行為を日常的にしつこく繰り返す犯罪を、一般的に「ストーカー」と呼びます。このストーカー犯罪を、文字通り“複数犯で組織的に実行する”のが「集団ストーカー」です。ターゲットにされてしまった人物に対し、犯行グループが長期間しつこく嫌がらせ・ストーカー行為を繰り返して、生活や人生を滅茶苦茶に破壊してしまいます。多くの被害者の証言によると、この犯罪の実行犯組織の正体は、悪徳カルト宗教や暴力団だと報告されています。「集団ストーカー」犯罪の凶悪さ、恐怖は想像を絶するほど酷いものです。被害者の中には精神的苦痛から心身を病んでしまう人も少なくありません。最悪の場合、被害者が発狂して精神病院に強制入院させられたり、激昂のあまり発作的に復讐事件を起こしてしまう、或いは自殺に追い込まれたり、加害組織によって密かに殺害されてしまうケースなどもあります。日本社会の年間自殺者数は約3万人。(失踪者や変死者を含めれば10万人という説も…!?)その内の相当数が、知らず知らずの内に「集団ストーカー」犯罪に巻き込まれた被害者だとも噂されています。

特に高齢者などインターネットを利用しない層の人々が、「集団ストーカー」犯罪の“潜在的な犠牲者”となってしまうパターンが非常に多いです。何故か、いつも身の周りで酷い迷惑トラブルや嫌がらせ被害など、不幸な出来事が異常に頻発する。自分だけが人一倍運の悪い星の元に生まれついてしまったのか、それとも現代社会が荒み切ってしまっているのか?…そんな風に思い悩み、人生を悲観した末に自ら命を絶ってしまう人間が後を絶ちません。でも、ちょっと待って下さい!その数々の不幸トラブル、実は全てストーカー犯罪組織が“特定個人を自殺させる為にわざと仕組んだもの”だったとしたら、どうしますか?とても理不尽な話だとは思いませんか?激しい憤りを覚えませんか?これは断じて、空想フィクションや被害妄想を語っているのではありません。罪も無い一般人を自殺に追い込む組織的なストーカー犯罪、それを「復讐代行業」などと称して闇ビジネスにしている反社会的勢力が現実に存在しているのです。マスコミが「集団ストーカー」犯罪についてほとんどまともに報道しないせいで、国民の大半はこうした事実を全く知らされていません。

一部ネット上で都市伝説の様に噂されていますが、「集団ストーカー」は実在する恐ろしい組織犯罪です。被害者は年々、全国的に増え続けています。(被害者団体による最新調査だと、表面化しているケースだけでも全国に1800人超もの被害者がいるそうです。)2017年現在、この新型ストーカー犯罪は「ストーカー規制法」の処罰対象から除外されています。それに加えて、社会認知の遅れからストーカー犯罪組織が野放し状態となっています。世間にはあまり知られてない事実ですが、あの「ストーカー規制法」制定の大元となった「桶川ストーカー殺人事件」も、実は主犯格の男に金で雇われたストーカー犯罪グループが行っていた“集団ストーカー事件”だったのです。「集団ストーカー」は、いつ誰もがターゲットにされてしまう危険性がある“無差別テロ犯罪”です。次に狙われるのは貴方ご自身や、家族・友人・恋人など大切な人達かも知れません。この犯罪問題を社会告発する為に今、多くの被害者達が必死の思いで周知活動に励んでいます。「この一見平和そうな日本社会で、そんな犯罪が本当に行われているのか…!?」と言う一般市民の方々も、「ひょっとしたら、自分もその犯罪の被害者かも知れない…。」と言う新規被害者の方々も、本サイトに書いてある情報を是非参考にして、どうか恐ろしい「集団ストーカー」犯罪の実態を知って下さい。被害対策や社会周知に役立つ情報を、今後も随時公開して行きます!

※参考動画:「集団ストーカー」 ~ 社会を蝕む凶悪テロ犯罪 ~

※参考動画:集団ストーカー被害者の世界・完全版

※参考動画:初音ミク「集団ストーカーの唄」完全版

「集団ストーカー」関連用語集

(1)ガスライティング(=集団ストーカー)

単独の加害者が、被害者に対して執拗な監視や付き纏いなどの嫌がらせをする犯罪行為を「ストーカー」と呼びます。これに対して、犯罪者グループがターゲット(=標的となった人物)に組織的なストーカー加害を行い、精神的に追い詰めて、人生を破滅状態へと陥れる犯罪手法・計画などを総称して「ガスライティング」、もしくは「集団ストーカー」と呼びます。この犯罪の最大の特徴は、被害者本人にしか分からないようなステルス方式での虐待加害を長期的に繰り返し、さも被害者が自滅したかの様に世間に見せ掛けながら個人抹殺を行うという点です。こうした手法の組織的ストーカー犯罪は、決して新しいタイプの犯罪行為ではありません。欧米のマフィア社会では「ギャングストーキング」という名称で、古くから敵対組織関係者や裏切り者に対する脅迫・制裁手段として行われて来ました。また、1950~60年代に掛けて、アメリカのFBI連邦捜査局でも「COINTERPRO(コインテルプロ)」というプロジェクト名で、こうした組織的ストーカー手法による非合法捜査・監視活動を行っていました。そのターゲットは共産主義者や反体制主義者など、当時のアメリカ政府にとって都合の悪い人物・団体が対象だったそうです。ちなみに「ガスライティング」という呼び名は、夫が妻を騙し、彼女に自分自身が精神病だと思い込ませるストーリーのサスペンス映画「ガス燈」(主演:イングリット・バーグマン)が由来です。

(2)アンカリング(=条件付け)

ある特定の行為や物事を長期間しつこく見せ付ける事によって、ターゲットに恐怖心や監視意識を植え付けるストーカー工作手口です。初期段階では被害者に心理的なインパクトを与える為に、反社会的な嫌がらせ・迷惑行為まで交えて、非常に大袈裟かつ不自然なアンカリング工作が行われます。例えば、「携帯電話」をアンカリングの小道具とした場合、外出先で携帯電話を持った不審者にしつこく尾行させる、または柄の悪そうなチンピラ風の工作員が携帯電話を手に持ったまま因縁を付けて来るなど、携帯電話にまつわる様々な不快体験をターゲットに連日しつこく仕掛ける訳です。この様な出来事が頻発すると、やがて被害者は携帯電話を持った人間を見ただけで警戒心や不安感を覚える様になってしまいます。しかし第三者から見れば、極当たり前の状況に対して激しいマイナス感情を抱いてしまう被害者の方こそ、異常だと思えてしまう…。そんな風に被害者の印象を「頭のおかしい人」、「精神異常者」に仕立て上げ、社会から孤立させるのが「アンカリング」工作の真の狙いなのです。ちなみに、被害者から既に集スト工作員だと認識されている不審者が、ただ単に外出先で付き纏って来たり、待ち伏せするだけの工作活動は「付け回し」などと呼ばれます。

(3)ノイズ(=騒音)キャンペーン

ターゲットの身の周りで四六時中、何らかの不快な「騒音」を響かせて精神的に追い込みを掛ける嫌がらせ工作です。よく使われる騒音源として、不審者が大きな騒ぎ声を上げたり、物をぶつけたり叩くなどして衝撃音を出す、何者かが爆竹を鳴らして逃げて行く、マフラーを違法改造したバイクで被害者宅の周辺を走り回る、不審車が無意味にクラクションを連続で鳴らしながら走り去って行く、わざとらしくバンバン音を響かせながらドアを開け閉めする、近隣住宅から迷惑な大音量でTVやラジオ音声が響いて来る、等々…これらの迷惑騒音行為がターゲットの周囲で毎日、早朝から深夜まで不自然なまでにしつこく繰り返されます。また、自宅近くでしょっちゅう緊急車両のサイレン音を聞いたり、深夜に航空機やヘリが大きな騒音を出しながら上空を通過して行くといった機会も、不自然に激増します。こうした現象が集団ストーカー加害が始まった時期を境にして、突然24時間体制で頻発する様になります。ターゲットにされてしまった者の立場からしてみれば、この生活環境の異変に激しく動揺してしまうのは当然でしょう。集スト加害組織は、この嫌がらせ騒音工作に「パラメトリックスピーカー」と呼ばれる特殊な指向性スピーカー(=ある特定の狭い範囲内のみに音声を響かせる)を使っているという説もあります。被害者の行動タイミングにピッタリ合わせて突然騒音が鳴り始めたりするなど、明らかに人為的な操作で騒音工作が行われるからです。もし、この特殊スピーカーが使用されていた場合、音はスピーカーからターゲットの居場所に向けた一直線上にしか響きません。つまり範囲外に居る人には音はほとんど聞き取れないのです。特殊スピーカーから出された迷惑騒音に対して、被害者が「煩い!!」などと叫んで抗議しても、それは範囲外に居る第三者から見ると、被害者が勝手に一人で怒って怒鳴っている様に見えてしまう訳です。結果的に集スト被害者は「頭のおかしい人」、「精神異常者」というレッテルを貼り付けられてしまう事になります。

(4)コリジョン(=衝突)キャンペーン

あらゆる面で、ターゲットの行動を邪魔する妨害工作です。例えば、ターゲットが狭い路地を歩いている時、不審者集団が突然前方に現れて道を塞いだり、わざと横幅一杯に広がりながらゆっくり進んだりします。また、被害者が買い物に行くと、集スト工作員らが先回りしてレジに大行列を作ったり、必要な商品だけ買い占められて一個も無い状態だったり、そんな人生の貴重な時間を浪費させる様な嫌がらせ工作も行われます。その際、加害者らはこれがわざと嫌がらせでやってるんだと気付かせる為に、被害者の方をジロジロ見ながら嫌味ったらしく何度も咳払いしたり、ニヤニヤ薄笑いを浮かべたりする訳です。他にも、銀行・郵便局など必ず順番待ちが発生する様な施設で何故か被害者の順番だけ飛ばされたり、自販機で何か物を買おうとした直前に販売中止状態になる、なんて出来事も日常的に不自然なぐらい頻発する様になります。さらに悪質なパターンだと、外出先で不審な車やバイクがわざと衝突ギリギリまで接近して交通事故を誘発させる様な危険運転をしたり、ターゲットが駅のホームの先頭で電車を待っている際に背後から不審者がわざとぶつかって来て危うく線路に突き落とされそうになるなど、命の危険に関わる様なコリジョン工作まで行われる場合があります。

(5)ストリートシアター

ターゲットの自宅近所や外出先などで突然、喧嘩沙汰が起きたり、柄の悪い連中に絡まれる、不審者騒動や事件・事故・火災などのトラブルが不自然に頻発する様になる。実は、これらのトラブルの大半は加害組織が自作自演して見せ付けているものなのです。こうしたトラブル演出工作を「ストリートシアター」と呼びます。その際、加担者らがアンカリング工作なども組み合わせて、この騒動がターゲットへの当て付けとして行われているのだという事を暗に仄めかしたりもします。よくあるケースとして、被害者が電車で移動中に突然「人身事故」や「車両故障」、「車内で急病人が出た」、「線路に何者かが立ち入って緊急停止ボタンが押された」なんてストリートシアター工作が定期的に行われます。特に何か大事な用事で被害者が急いでいる時などに、こうした電車運行トラブルが不自然に多発する傾向が強いです。ストリートシアター工作は傍目から見ればただの不幸なトラブルですが、その内容には反社会的な要素を含む場合が多く、無関係の第三者にまで多大な迷惑や被害を及ぼす危険性があります。時には新聞やニュースなどで大騒ぎになる様な事件・事故も、実は集団ストーカーのストリートシアター工作でわざと引き起こされたものだったりするのです。こうした集スト絡みの事件で死者が出た場合、何故か警察は自殺や急病死で片付けたり、本腰を入れて捜査せずに事件を迷宮入りさせたりします。

(6)仄めかし工作

ターゲット本人しか知らないはずの個人情報や、過去の言動、または悪口などを文字通り“わざと仄めかす”嫌がらせ工作です。例えば、外出先で不審者が擦れ違い様にボソリと「馬鹿」、「死ね」、「自殺しろ」などと呟いたり、赤の他人が知るはずも無いターゲットの個人情報を喋ったりします。時には、被害者が自宅の部屋でたった一人でしていた行動や独り言などの内容を、何故か不審者にピタリと言い当てられる場合まであります。他にも視覚的な仄めかし工作などもよく行われます。例えば、誕生日やカード暗証番号などといった“数字で表せる個人情報”と全く同じナンバーを付けた不審車を、わざと被害者の目に付きやすい場所に停める。或いは、被害者が普段好んでよく見るTV番組や雑誌、Webサイトのバナー広告などに仄めかし情報が頻繁に表示される。そんな、非常に大掛かりな仄めかし工作まで行われているのです。こうした話を第三者が聞けば、「まさか考え過ぎでしょう?そんなの全部ただの偶然だよ!」と思う事でしょう。しかし、集スト被害者の身の周りでは実際に、こうした奇怪な出来事が“不自然な高頻度で”日常的に起こっているのです。こうした不可解な仄めかし現象が日常的に続発すると、やがて被害者は「自宅内を何者かに盗聴・盗撮されている!?」という疑念を抱く様になります。実際、自宅内や電話、インターネット回線などを盗聴・盗撮していなければ漏れるはずの無い個人情報ばかり被害者は仄めかされているので、集スト加害組織がそういった犯罪行為を密かに行っていると断定して良いでしょう。多くの場合、被害者が自宅内を隅々まで家探ししても、盗聴・盗撮機の類は一切発見されません。何故なら、最近のストーカー犯罪者はそういった盗聴・盗撮手口を使いません。被害者が愛用しているスマホやPCにスパイウェアを仕込んでハッキングし、インターネット経由で盗聴・盗撮犯罪を行うケースが今の主流なのです。スマホやPCには必ず最初からカメラやマイクが内臓されています。そうした情報通信機器にコンピュータウイルス入りのメールを送り付けて感染させれば、被害者本人にも全く気付かれずに、遠隔操作でカメラ経由で様子を覗いたり、マイクから音声を盗み聞きする事が容易に実行出来ます。

(7)ブライティング

夜間に、強力な眩しいライトを照射したり、光を利用した悪戯などをしつこく仕掛ける事によって、ターゲットの精神を苛立たせる嫌がらせ工作です。集スト被害を受け始めると、どういう訳か眩しいハイビームライトを点灯させた不審車や、片目ランプ(=ヘッドライトの片方が故障して消えた状態)の不審車に付き纏われる機会が異常に激増します。被害者が深夜遅い時間に帰宅した時などに、こうした怪しい車が自宅近くで待ち伏せしているケースが多いです。他にも、真夜中の不自然な時間帯に、ハザードランプを点滅させた不審車が被害者宅の窓から丁度見える位置で何時間もずっと停まっている…なんて奇怪な光景もしょっちゅう目撃する様になります。また、近隣に住む集スト加害者の家が、被害者宅の窓に向けて強力な屋外用ライトを設置して一晩中、煌々と眩しい照明を点けっ放し状態にして睡眠妨害するといった嫌がらせ工作パターンもあります。一時、マスコミで猛バッシング報道された「奈良県の騒音おばさん」も実は集団ストーカー被害者で、向かいに住む某カルト宗教信者一家から全く同様の嫌がらせ工作を日常的にやられていました。他にもブライティング工作手口として、被害者の自宅内での行動タイミングにピッタリ合わせて、加害者宅の電気が点いたり消えたりするなんて嫌がらせ工作もよくやられます。これは加害者がターゲットの自宅内を盗撮していなければ絶対に出来ない嫌がらせ手法です。こうした事実からも、集スト加害組織が何らかの盗聴・盗撮手段で被害者の自宅内を24時間監視している実態が窺えます。

(8)マインドゲーム

ターゲットに「あれ!?以前と比べて何かおかしくない!?」と不思議に思わせるようなシチュエーションを故意に演出して、自分自身の記憶が正しいかどうか思い悩ませて不安感を煽る悪戯工作です。例えば、被害者の自宅内に置いてある物を不自然な位置に移動させる。今まであったはずの物が急に紛失して何処を探しても見付からない、なのに数日後に探したはずの場所から紛失物が突然出て来る。逆に見覚えの無い品物が部屋の中に忽然と置いてある。そんな奇妙な状況を人為的にわざと作り出す訳です。ある集スト被害者さんの体験談によると、外出する度に何者かに家宅侵入されて電気ブレーカーを落とされたり、留守中に未開封のまま冷蔵庫に入れておいた買い置きの牛乳パック3本が全て開封されていた、買った覚えの無い野菜がキッチンに置いてあった、ちゃんとドアを施錠していたはずの自家用車の中にゴミが撒き散らされていた、なんてマインドゲーム工作をやられたケースなどもあるそうです。家族の仕業かと問い質してみても、全く知らないと言われる。それどころか独り暮らしの被害者の家でも同様の怪奇現象が起きたりします。また、かの有名イリュージョニスト・引田天功さんも北朝鮮公演から帰国した直後、マインドゲーム工作と思しき不思議な事件を体験したそうです。彼女が帰宅すると、なんと自宅ガレージに停めてあった愛車が忽然と盗まれていました。その車内にはアンティーク物のミッキーマウスのぬいぐるみが置いてありました。天功さんはマスコミを通じて「せめて、お気に入りのぬいぐるみだけでも返して」と犯人に訴え掛けました。すると後日、彼女が外出先から帰宅したところ、なんと室内に盗まれたはずのミッキーマウスのぬいぐるみがポツンと置かれていたそうです。この奇妙な事件は、引田天功さんの帰国を渋った北朝鮮当局の仕業だとも噂されています。こうしたマインドゲーム工作を受けていた場合、加害組織が被害者宅の合鍵を作って日常的に不法侵入している事になります。集スト被害者の中には貴重品の窃盗被害に遭ったり、自宅で不審な死に方をした人などもいます。何者かに不法侵入されている兆候がある場合、玄関ドアや窓の施錠強化・防犯対策を早急に行うべきでしょう。

(9)モビング(=リストラ工作)

これは企業の職場内で、不要社員のリストラ目的などで行われる集団ストーカー犯罪の事です。職場ぐるみでターゲットに陰湿な各種ハラスメント行為を日常的に実施し、精神的に激しく憔悴させて、自主希望退職せざるを得ない状態へと追い込みます。基本的なモビング手口として、職場内でターゲットのデマ悪評を広めたり、何かトラブルをでっち上げて罪を擦り付けるといった工作が行われるそうです。こうした様々な嫌がらせ工作によって精神的に疲弊し切った被害者に対し、上司や人事課担当者が「産業医の精神科カウンセリングを受ける様に」としつこく強要します。そしてグル関係である産業医は、ターゲットに「統合失調症」、「精神病患者」のレッテルを張り付けた上で、長期休職・入院治療を勧めます。何も知らずに罠に嵌められてしまったターゲットは、産業医の口車に乗せられるまま会社に休職届を出し、精神病院へ入院、投薬治療を受ける事となります。その後、会社側は「社内規定により、如何なる薬であろうと常用している休職者の復帰は認められない。」などと難癖を付けて、ターゲットを復職させない方向へと追い込む訳です。企業側が何故、解雇という選択肢を執らずに、この様な卑怯で回りくどいリストラ工作をするのか?その理由は、「我が社には何の落ち度も無く、被害者自身に問題があって勝手に辞めたのだ」という体裁を取り繕う為です。企業が一方的な理由で社員をリストラ解雇した場合、不当解雇で訴えられたり、悪質なケースでは行政指導処分などを受ける場合もあります。結果、その企業は社会的信用が大きく損なわれてしまうのです。だからモビング工作などという陰湿な手法でリストラ対象社員を自主退職に追い込むのです。こうしたモビング工作を、一部のカルト宗教団体や暴力団などが請け負っているという話まであります。また、モビング工作のターゲットにされる社員は能力的に何か問題がある人物より、社内の派閥抗争などで邪魔者として目を付けられた人物が多い様です。

※参考記事:ガスライティング犯罪情報サイト「AGSAS」 用語解説
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm

サイト更新情報

当Webサイトの更新内容に関する情報をお伝えします。

◎2017年7月 1日:特集記事パート12「社会周知活動のススメ…街宣&ポスティング編」を追加しました。
◎2017年3月 2日:特集記事パート11「集スト犯罪の背後に潜む“真の黒幕”」を追加しました。
◎2017年1月23日:特集記事パート10「カルトナンバー車の付き纏い工作」を追加しました。
◎2017年1月 1日:集団ストーカー犯罪総合情報サイト「GSCバスターズ」を開設致しました。



特集記事リスト

「集団ストーカー」犯罪問題に関する様々な特集記事を、今後こちらで不定期公開していきます。

●特集記事パート01:「集団ストーカー」犯罪と“防犯パトロール”利権との関連性
●特集記事パート02:「集団ストーカー」犯罪と“精神医療”利権との関連性
●特集記事パート03:企業のリストラストーカー犯罪「モビング」
●特集記事パート04:暴力団による集団ストーカー「復讐代行業者」
●特集記事パート05:「集団ストーカー」犯罪と“探偵業者・興信所”との関連性
●特集記事パート06:「集団ストーカー」犯罪の根底にあるものは“貧困ビジネス”
●特集記事パート07:マスメディアも「集団ストーカー」犯罪に加担している?
●特集記事パート08:インターネット上での「集団ストーカー」犯罪
●特集記事パート09:「ストーカー規制法」の問題点について
●特集記事パート10:「カルトナンバー車」の付き纏い工作について
●特集記事パート11:「集団ストーカー」犯罪組織の背後に潜む“真の黒幕”とは!?
●特集記事パート12:社会周知活動のススメ…「街宣&ポスティング」編



関連事件簿

日本国内で過去に起きた数々の重大事件の裏には、実は「集団ストーカー」犯罪が絡んでいたケースも多くありました。その事例を紹介致します。

◆事件ファイル01:「東村山女性市議怪死事件」
◆事件ファイル02:元公明党委員長・矢野絢也氏の「黒い手帖事件」
◆事件ファイル03:「NTTドコモ携帯通話記録盗難事件」
◆事件ファイル04:「マツダ本社工場連続殺傷事件」
◆事件ファイル05:「柴又・上智女子大生殺人事件」
◆事件ファイル06:「世田谷一家殺人事件」
◆事件ファイル07:「奈良県・騒音おばさん事件」
◆事件ファイル08:タレント清水由貴子さん自殺事件
◆事件ファイル09:歌手ASKA氏・タレント飯島愛さんの“盗聴盗撮”被害

Tweets by GSC_BOKUMETSU
Follow @GSC_BOKUMETSU
PAGE TOP inserted by FC2 system